高校生扶養控除、一律縮小を検討 税負担は児童手当の範囲内に …… 急激に悪化する政府の政策。本当に解散させないと不味くないか?

47NEWSの記事である。


岸田文雄を総理に選んだ時点でもうこの国は死んでいく運命なのかもしれない。ここにきて内外の需要に減速感が出てきており、賃金アップも来年は続かない可能性が、指摘され始めているからだ。マイナス金利解除すら危うくなっているという話が出てきており、欧米の一部ファンドなどがそれを見越して話している内容が、崩れる恐れもある。

昨年の段階で、消費税やトリガー対応をしていれば、今、マイナス金利は解除できていたかも知れないが……
本当に、日本は政治と官庁が足を引っ張る形が明確になっていると言える。

そして、どんどんドツボに填まっていくのは、目先の支持率アップをするために無意味な減税などを掲げたからだろう。少子化対策も金の殆ど掛からない乳幼児~学童期の支援ばかりに金が回り、食費、交際費、教材費、学費が増えてくる中高の控除は削減対象になる流れだとしたら、本末転倒どころか、こいつら本当に頭に何か沸いているんじゃないかというレベルだ。

多分だが、結構金を持っている人間しか議論に参加していないので、中間層以下の現実が分からないのだろう。
このままならもう日本の人口はより減少するだけである。

ミドリ レターセット えがお ねこ柄 91802542

しかし、今の自民党と政府は本当無茶苦茶だ。例えば、防衛財源は語らない。

まだ問題の解決もしていないのにマイナンバーカードの名称を変えて雰囲気一新を図ろうとする。

万博の日本館の費用は別建て。

さらに自治体にまだ国会で成立しない予算の前借り補正をさせて、今年中に振興策を実行させようとする。(これは倒産する前に企業の本社が支店などに求める施策に似ている)

パーティー券は各々が説明責任で適切に対応程度の発言しかしない。

そして、ろくでもない補正予算のまま成立の見通しだ。

これで国債は8兆円上積みされる。


今国会(予算委)を見て言えるのは、これが本当にあと2年ちかくやれば、本当に岸田政権は彼が望んだように歴史に残るだろうということだ。相当な人々が彼を過去にない民主主義の愚者として見るだろう。もしこれが、100年後によい側で評価されているとしたら、それは民主主義の転換点になっていたときであろう。


尚、今回の予算委などを見て思ったのは以下の替え歌になる。
曲のタイトルは書かないが、「子どもが寝たあとで」の主題歌を元にしている。

歳入がないとなんにも
できないわけじゃ無いと
補正予算を出したけど
批判の意味がわからない

ほら 減税案作れたもんね
だけど支持率上がらない
他党(きみ)が作ったのなら文句も
思い切り言えたのに

与党が多数だと
好きなことできるからと
そんな首相(じゆう)を手に入れた
僕の政策は不評

不支持だと言った君の
気持ちはわからないけど
首相の座はながめがいい
国民民主(野党が)すり寄り 笑みこぼれるよ 
もし君に 1つだけ
本音を言えるのなら
検討するといったけれど
やるとはいってない


2倍に増える負担金
僕が悪いんじゃないし
大阪(きみ)の趣味で作る施設
もったいないけど使い捨てだ
“首相らしく 小気味よくと”と
予算をばらまく僕は

他のだれから見ても課題を
先送りしていない

こんなに いっぱいの
国民(みな)の血税集めて
ムダな箱(もの)と言うけれど
経済にプラスだと 言うよ

予算委で
批判言う野党が噛みつく間は
はぐらかして弱った振り
耐えればいつかは支持率上がる

今回も足りなかった
予算は いつか生まれる
僕の知らない誰かが
支払ってくれるさ

本当に 本当に
僕は首相でありたいから
まだ総理を辞めるなんて
言わないよ 絶対

Amazonギフトカード (Eメールタイプ)テキストメッセージにも送信可 - Amazonベーシック


実際に彼の中ではこんな感じなんじゃないかなとも思える。まあ、突然電池が切れて首相を辞める可能性はあるが、与党内でそういう動きが起きていないなら、ないだろう。ただ、既に確実なのは彼が続ければ続けるほど、目先の支持率アップのために今あるまともに機能している制度が、どんどん壊されて、目先の金目のための政策に回されるので、社会の安定は覆される可能性が高いだろう。

しかも、彼が来年は好循環になるといっているそれも、既に青の点滅か、黄色が灯るかもしれない状況にあり、余談を許さない。
それらは全て外需頼みであり、内需ではないことも痛い点だ。本当に、数年前の円高局面のような状況にはもうならないというなら、本当に日本の旧鉱山を使った鉱物資源などの開発を、政府が挙げて取り組むべきだろうに。

インバウンドなどの政策より絶対にその方が、国民は豊かになる。何故なら、インバウンドは、内側に天然資源やエネルギーがなければ、海外からそれらを持ち込む必要があり、結果的に客が来るほど物価が上がる一方で、賃金は輸入コストを差し引いた額になるため、伸びなくなるからだ。インバウンドで儲けるには、本来、内側で物を作る育てる能力が高いことが望ましいのだ。

まあ、今の政府はそういう発想も十分になく、目の前だけなんだろう。結局、この20年ぐらいはこの国の政治においては、時間稼ぎしかしていないのだ。そして、時間切れがついに目の前まで来ているということだ。だけど、より政策はポンコツになって……悪化が人々の目に見えるようになった。しかし、法律や政策を作る側は人口が増えていた時代の社会と同じ政策を未だに続けていて、さらにコロナの時にやった給付など社会主義に近い停止政策(ベーシックインカムの一部)を止められない訳だ。だから、より国民が苦しくなっていく。

で、与党は裏金作りとかしていたとなる……