新型Surfaceシリーズ発表……Laptopから消えたAMDモデル、ProはSQ3とAlder Lakeへ全面刷新。StudioはTiger Lakeでマイナーチェンジ。

PC Watchの記事である。


噂通りにSurface ProシリーズにSQ3(QualcommのSnapdragon 8cx Gen 3 Mobile Conpute Platformのカスタマイズ製品/SC8280※)が投入され、Xは消えた。今後、Microsoftは本気でArmへと軸足を移していくという気合いのあらわれかもしれない。流石にx86は最小と最大との熱枠幅が大きくなりすぎているからというのもあるのだろう。

問題があるとすれば、Microsoft Windows 11がMicrosoftの期待より遥かに低い市場評価の中にあるということだろう。アップデートする度にWindows 10よりも深刻な不具合が見つかる状況で、Windows 11対応の範囲を減らしてハードウェアの足切りの効果はないどころかむしろ、基本的な部分は悪化している。一体なにをしたらこんなに不具合が出るのだろう。こういう問題があると、仕事で仕方なく使う場合や、目的がなければ、若い人ほど使わなくなる。本当にUIとか刷新しなくても良いから、安定性を上げろよなんのために足切りしてんだと思う。


それはともかく、Surface Proは久しぶりの完全なフルモデルチェンジである。キーボードなどの互換性はあるが、Xとの統合によって筐体の仕様も変更されている。また、Intel側はチップセットも600系に置き換わっているはずだ。USB4対応となり、モデム内蔵だとLMDSバンド(日本ではミリ波と呼ばれる)対応の5Gにも対応する。一方で、本体から∮3.5mmステレオミニジャックは廃止されているので、ヘッドホンやイヤホンを使う場合は、Type-C変換が必要になると考えられる。タブレットやノートPCでこれが廃止されるのはちょっと痛い部分かもしれない。まあ、ワイヤレスイヤホンを使えば良いのだが……Proは映像や音声の時間差を気にするクリエーターが常用するものでもないと思うし……。


尚、全体的に下の価格は若干上がっているかな?

元々Surfaceシリーズは少しお高目なので、Macほどの上昇は見えない。今回廉価品となるGoの新製品が出ていないのも、そう見える理由だろう。ただ、元々高いことで有名なStudio 2の後継2+はマイナーチェンジでRTX 3060なのに価格はマジでヤバい。ストア価格が70万円台~とマシマシ(ぼったくりバー)価格である。これ前からそうだが、売れているのだろうか?これ買うなら、ミドルタワーPCにWacomのモニターとか買った方が安い。

最後に、今回の製品にはMicrosoft Pluton Security Platformを統合したものがArm版のSurfaceしかない。そのため、長く使うという観点だけで見るなら、一番お薦めはこれになるだろう。AMD版があればサポートしたのかも知れないが、AMDのモバイルプロセッサーはマ社に潤沢な供給ができるほど数がないと考えられ、Intelより価格が上がるのは必死であるため、今回外すことにしたのだろう。

※SC8280はSQ3の開発番号。Qualcommの8cx Gen 3(Snapdragon 888の内部のバスやレジスタを拡張した製品、SQ2までは855ベース)にメモリーバリエーションとバス拡張の追加、筐体に合わせたクロック(TDP)の最適化とMS Pluton Security Platformの独自チューニング、Qualcomm NPUのMS向けチューニングを施したものと考えられ、若干のHexagon DSPやNPU、Adrenoの強化が行われている可能性がある。CPUはKryo 680 Prime×1(Cortex-X1)、Kryo 680 Gold ×3(Coretx-A78)、Kryo 680 Silver ×4(Cortex-A55)の8コアである。Adrenoは第6世代(SQ2よりシェーダー数増加)、Spectraは第5世代(2世代アップ)、Hexagonは第7世代(1世代アップ)、Qualcomm Location(旧IZAT)はNAVIC RNSS対応で1世代更新、X60-5G標準対応(今まではモデムオプションとしてX50/X55に対応)、QT1-Hypervisor(New)をサポートする。


イヤホン端子を求めるなら、Surface 8シリーズを買った方がよいだろう。
USB4やTBなどの機能が欲しいなら、新世代を購入するのが良い。ただ、一番良いのは、今買うのではなく、次の世代か、その次の世代かAlder やRaptorではないMeteorまで今のハードで頑張るのがベストである。その頃にはWindows 12の話も出てくるだろうし。

この記事へのトラックバック