台風14号は910hPa(大型で猛烈な強さ)まで急成長 …… 最大風速は当初予想の2倍に。直撃コースの旅行は中止、向かっているならとんぼ返りを推奨。

気象庁の台風情報である。


一番最初期の予想では、970~960hPaが予想されていたが、それが950hPa(昨日までの予想)で上陸になり、今朝は910hPaになっていた。一体何があったのかというほど急速に発達した。これは、台風のいる太平洋上で吹いている風が弱いことと、海水温が高いエリアを進行していること、後は太平洋高気圧がそれなりに強いためと考えられる。

海水温が高いままで且つ台風の雲の上空に台風以外がもたらす風がほぼない状態だと、台風はよりまとまり強くなる。
理由は簡単だ、台風は地上または海上から目に向かって強く空気を吹き込み、それを目で上空に巻き上げ、中心の周辺の雲を発達させている。もし、台風の上に例えば偏西風のような風が吹いていると、台風の目から吹き上げた湿った空気は、上空で偏西風によって東に流され、均等に発達しなくなる。即ち、湿った空気が台風を取り囲む雲より先に流される事で、台風の積乱雲が大きくならないのだ。

しかし、上空が無風なら……台風は東西南北ほぼ均等に大きく育つ。後は、海水面の温度が、高ければ発達はより進む。今台風が進んでいるコースは若干西よりなので、暖流が西から東に流れる都合を考えると、より暖かい海水を上空に巻き上げることが出来る訳で、成長が止まらないと考えられる。そして、風が弱いことで周りの高気圧もそれなりに成長してくれる。成長するのにぴったりの環境が整っているから、成長しているのだ。

海水面の温度を見る限り、台風の進む方向の海面温度は台風12号の後に一旦下がったが、今は再び上昇に転じているので、910hPaより成長して欲しくはないが、速度が遅いままだと今日中に900hPa~905hPaまで下がる可能性もまだある。

冗談抜きで歴史に残る恐れがあるほど危険な台風になってしまった。


<鉄道や空、海は計画運休が相次ぐ見通し……台風直撃コースへの旅行者はとんぼ返りを推奨します>

尚、西日本への旅行を実施している人もいるだろうが、この台風、この規模のままでもしもやってくるなら西日本在住でも以前なら20年~30年に1度(今は数年に1度ありえる規模)あるかないかぐらいの台風であり、今のコースで行くと、日本海側の地域で、電柱等がなぎ倒されるシーンなどが見られるかもしれないほどの勢力を維持する恐れがある。

そのため、鉄道などは間違いなく計画運休するし、運休終了予定を過ぎても、災害で走れない可能性がある。
これは船便や航空便も同じで、船便の場合は、港湾部に漂流物などが発生してという可能性がある。また、空運の場合は、高潮被害が空港によっては出る可能性がある。また、高速道路や一般道も建物の倒壊や工作物やゴミなどが飛来することで、通れなくなる場所が出てくる恐れがある。また、速度が遅いので大雨による被害も懸念される。

即ち、3連休で旅行を強行している人もいるだろうが、3連休後に自宅に帰れない可能性もあるので、覚悟はしとけよというレベルだ。例え、台風の中で実家に帰ったり、旅行に行っても外に出られないどころか、宿泊場所から避難所にという可能性もある。
最も、それが嫌なら、今日中に(今日なら九州からでもまだ戻る手段はあるだろう)とんぼ返りした方がよいだろう。

<台風接近の準備を>

また、当該の地域にお住まいなら、食料の買い出し、電池や懐中電灯、ランタン、ろうそく(火災の危険があるので基本的には推奨しない)などの準備、家の周りの飛びそうなもののしまい込みなどを今日中に速やかに行うこと。それから、停電が長引く場合に備えて、クーラーボックス、氷などの準備をしておくこと。さらに、窓ガラスの飛散防止をすること。雨戸などを閉めて、ロック付きならロックを掛けること。

屋根などの点検をするなら、風が出はじめる前、強風域に入る前までに、1人ではなく、家族や近隣住民に手伝って貰って、行うこと。
それから、乗用車を持っている人は、乗用車の燃料を満タンに入れておくこと、台風の速度が遅い地域では、乗用車の浸水を防ぐために、立体駐車場や高台などに車を避難させることも大事である。また、開けた平面駐車場や屋上駐車場に車を置かないこと。そこに車を置く場合は、横転する可能性があることを理解して駐車すること。

それから、台風接近中は熱帯の空気を含むため蒸し暑くなる。そこで停電すると……大変暑苦しくなる。だから、エアコンを少し設定温度を低めにして予め使っていた方が良いかも知れない。そうすると、停電しても暫くは涼しく維持出来る。どうせ外に出ないだろうし……。


尚、マンションなどにお住まいの場合は、停電が発生すると水道が使えなくなる場合があるので、お風呂の浴槽を洗って水を溜めて置くなどすると良いだろう。別にペットボトルの水を買って置くとかそういう必要はない。水道水にはカルキが入っているので、容器さえ綺麗で、口を付けて飲んだりしないなら、水を入れてそのままキャップを閉めておけば、飲料出来る状態で数日以上は持つ。
水ボトルを買って水道水を入れておくことが出来るのである。

尚、トイレの水はお風呂の水で良い。

IH調理器具しかない世帯では、カセットガスを用意しておくのが無難である。





この記事へのトラックバック