19時15分-山形県置賜地方(おきたまちほう)で大雨特別警報発令……この時間の時点で最短4日午前6時迄有効。

気象庁が山形県置賜地方に19時15分-大雨特別警報を発令した。

対象地域は米沢市、長井市、南陽市、高畠町、川西町、飯豊町の3市、3町の置賜地方である。
この警報の有効期間は3日19時15分時点で、8月3日19時15分~4日の午前6時迄である。

また、土砂災害警戒情報(レベル4)が周辺地域でも出ている。以下が警戒情報のエリアである。

この情報は、今後さらに時間が伸びたり、エリアが広がる可能性がある。また、置賜地方から流れる川の下流域になる地域は、今後特別警報に格上げされる可能性があることに注意が必要である。低地の浸水などの危険がある地域は、今夜は建物の2階などで寝るなどして安全確保に努めて欲しい。

尚、山形県は午後から記録的短時間大雨情報が複数出ている。これは、レーダーによる解析に基づくものである。

12時00分 山形県で記録的短時間大雨 小国町北部付近で約110ミリ
18時40分 山形県で記録的短時間大雨 長井市付近で約110ミリ
18時40分 山形県で記録的短時間大雨 小国町北部付近で約100ミリ
18時50分 山形県で記録的短時間大雨 長井市付近で120ミリ以上
19時00分 山形県で記録的短時間大雨 飯豊町付近で約100ミリ

となっている。
これから、夜になるため、雲の上の気温が放射冷却で下がり、地上の温度差が広がるため、線状降水帯が発達しやすくなる恐れがある。
そのため、先にも書いたように下流域も含めて、洪水が起きる恐れがあることに警戒して欲しい。



この記事へのトラックバック