「Android」「iOS」を狙う新種のスパイウェア「Hermit」--グーグルが警告 …… 今は野良アプリ。

CNETの記事である。


今の時点で、これがすぐに世界中に広がる懸念はないが、1年あれば広がっている可能性は十分にある。

尚、このアプリはSMSなどを介して、ダウンロードを促すサイトに誘導し、サードロードからダウンロードさせて、インストールさせる手口と思われる。AndroidならGoogle Playやそれに関連する信頼された場所以外からのインストールを許可していないなら、インストールされないため、通常はブロックされ警告されるだろう。

実際に今でもこの手のスパイウェア感染は国内外で広がっており、本人が感染に気が付いていないケースも間々あるとされる。
一部のSMSやメールアドレスから来るメールは、国内の一般の人のアドレスや電話番号をフックして届いていることは多い。(日本だと発信元は中国ドメインが殆どである。SMSだとアフリカ等発端も結構ある。)

今後このスパイウェアが国内にも入ることがあれば、さらに不審なメールなどが増えて行くかもしれない。セキュリティ対策には十分に注意を払う必要があるだろう。

この記事へのトラックバック