「5G電波から身を守るペンダント」着用で被曝の可能性 …… ポジティブにラジウム温泉代わりにお風呂で使えば……

PC Watchの記事である。


ある意味ではトンデモないものだが、ある意味では面白い品である。まあ、肌身離さず持つものではなく、お風呂の浴槽の中に沈めていれば、体によいかは別として(何を主原料にしているのかによっては水に溶け出すものに毒性がある場合も否定できない)ラドン温泉気分が味わえるかも知れない品だったわけだ。5GがあのITUで規格策定されているモバイル通信であるなら、その効果はないどころか、ずっと身につけていると発癌効果があるかもしれない。

教育が進んでいる日本でモバイルネットワークに対する健康懸念を考える人は小数で、多くはないと思うが……昔はパナウェーブとか変わった団体も週刊誌やテレビで話題となったが、今も欧州はそういう人々がいるわけだ。それだけ、教育格差があるということでもある。

ただ、日本でも似たような騙しは昔から今も存在している。
これの代表格は、金運が上がる財布とか、ツボ、ブレスレットのようなものが代表的である。また、00年代まではクロレラなどが癌に効くといった形で、問題になったこともある。今でも健康食品関連では、薬害や過剰摂取の問題は年間でみるとかなり出ている。ただ、信じていると、プラシーボ効果と、医薬品と同じ体にとってよいと思われる効果が本人には分からなくなるため、こういうのはどうしても止められないものなのだ。


即ち、これで騙される事はなくても、他で騙される可能性はいつ何時でも皆にある訳だ。
本当にそれが信用出来る情報かどうかには慎重になることも大事である。


この記事へのトラックバック