AndroidスマホのゲームがまもなくWindows 10/11でプレイ可能に……Googleの情報。

PC Watchの記事である。


Windows11のAmazon を介したサービスの話ではなく、Googleが公式にPlay GamesのゲームアプリをWindows10と11に供給する計画があるという話である。ただ、Windows Centralの記事では、11になっているので、実際に10まで供給されるのかは分からないが……これはある意味で、Windows 11の目玉クラッシャーになる話と言える。


Windows 11ではAndroid subsystemが搭載され、Amazonのストアを介してAndroidアプリを動かす予定である。
今も検証作業が進んでいるが、当初はARM版での動作不良があり、しかも、全てのアプリが動く訳ではなかった。それもあって今も検証が続いているようだ。

今回Googleが発表したのはGoogleのAndroid Gameに関する情報である。Play GameのアプリをWindowsでも動くようにする何かを準備中と言うことのようだ。もしかすると、Googleが供給しているChrome Browserでも組み込むのかも知れないが、大事なのはあくまでゲームだという点だ。Google Playを供給するわけではなくゲームを供給するということは、Playとは別物で且つ全てのゲームではないことが予想される。

まあ、操作性さえよければ、ゲーマーにとっては嬉しい話かも知れない。
そして、マイクロソフト社にとっては、これが大規模に提供され、操作性が高ければWindows 11クラッシャーとなる発表かもしれない。
内容を見る限りでは、そんなに大きな期待を持つのはまだ早計な気もするが、来年のMWC辺りぐらいまでに発表があるのかな?それとも、CES前後で発表されるのか?

この記事へのトラックバック