米竜巻 ケンタッキー州の死者、100人超の恐れも …… 過去最悪の竜巻被害。

CNNの記事である。


被害はまだ全体像が掴めていないようだ。即ち、過去最悪になる可能性が高いと思われる。

ニューヨークポストの記事では、竜巻によって150マイル先(約240キロメートル)まで飛ばされた古い写真というのが記事になっていた。

写真や映像を見ると酷い有様で、映画のCGや戦争・災害用セットのように破壊し尽くされているのが見て取れる。
何より、巨大な竜巻がいくつも発生したようで、被害域が広いのが分かる。

行方不明者の捜索も今日(今夜)以降本格化するだろうが、竜巻は他の災害と違って吸い込んで巻き上げるため、どこまで飛ばされているのかも分からない。予想もしない場所で見つかる遺体や残骸もこれから沢山見つかることだろう。被害の大きさの割に亡くなっている人が少なくなる事を願うばかりだ。


<災害はいつ何時どこで起きるか分からない>

日本は今週は北日本を中心に大雪が懸念されている。また、この最近は地震が各地で起きており、それに対する警戒も止まない。大雪が降るような降雪量ということは、これが雨になれば大雨ということであり、この晩秋にかけて都市部では道路の一部が鹹水するような雨も降っている。日本でも突風被害が最近起きているのだから。

これからもこの手の災害は各地で増えていく可能性は高い。だから、明日は我が身と備えることが大切である。


この記事へのトラックバック