初回ワクチン接種が総人口比2割超え、週平均100万まであと一歩。……現陽性は昨日より減少したものの低空飛行。

昨日に比べて現陽性は減少の勢いが改善した。
しかし、一昨日比べるまだ低いままで推移しているようだ。
尚、日付が25日になっているが、24日の間違いである。

20210624A.png
20210624B.png

今日特筆すべきは、重症患者が反転したか、横這いに転じていることだろう。
ここで増加に転じると本当に不味いのだが、1日二日で判断は付かない。

20210624C.png
昨日は、一応沖縄の現陽性も減っており、このまま減ってくれれば減少を維持出来るかも知れないと思わせる。
しかし、自治体別で見ると関東がプラスに転じ始めており、ここがこれから増えてくると思われる。減る可能性はワクチン効果が突然にでも出て来ない限りはないだろう。


20210624D.png20210624F.png

拡縮状況は、日別でマイナス、週換算でプラスという状況だ。即ち、改善傾向は維持しているが、傾向としては虫の息ということだ。
今日以降の3日間でプラスになるかどうかは注目である。

20210624E.png

ワクチン接種の日別状況は以下である。

20210624G.png

全体の数値は以下だ。
やっと初回接種が2割を超えた。即ち、先行接種(医療従事者)を除くと概ね高齢者の半数は1回目の接種が終わったか、終わろうとしていると言ったところだろう。今は接種数が日々増えている時期だが、接種対象者の全員が終わるまでの推定期限は、来年1月の9日頃まで縮んでいる

20210624H.png

この記事へのトラックバック