沖縄でもやっとの減少傾向に …… 減少幅は横這い傾向で推移。

緊急事態宣言が大都市圏に出されている中で減少するのは当たり前なのだが減少幅は、1-3月期より鈍化が早いようだ。それでも、新規陽性の2倍弱の回復が出てくれているので、まだ、暫くは週平均で減少を続けるだろう。日々の平均が反転するかどうかは、大都市圏の回復フィーバーがいつまで続くのかに掛かっている。

既に、大阪と兵庫はフィーバーを抜けており、今は東京、北海道、愛知、広島、福岡と多分これから沖縄が加わると思われる。

現陽性の2週推移は以下である。(画像版はこちら)2週前まで6.7万人だったのが、先週は5.6万人、昨日は4.27万人まで減少した。
ただ、1-3月期で見ると、2.9~3.4万人で推移していてもおかしくないところなので、緊急事態宣言の効果がさらに失われているのは確かだろう。

沖縄がやっと減少してきているのはポイントの一つである。後は、概ね緩やかな減少以上で推移しているところが多く、増加している自治体は少ない。


現在陽性の推移(2週)
 
差分増減\戻り日
当日
(処理中)
1日前2日前先週2週前
都道府県1日前
2日前
1週間前
2週間前
6月6日6月5日6月4日5月30日5月23日
全国-1,225 (097.21%)
-2,461 (094.55%)
-13,363 (076.16%)
-24,628 (063.42%)
42,70043,92545,16156,06367,328
北海道-230 (096.29%)
-466 (092.75%)
-2,026 (074.65%)
-1,203 (083.22%)
5,9656,1956,4317,9917168
青森県-3 (098.31%)
-4 (097.75%)
-108 (061.70%)
-126 (058.00%)
174177178282300
岩手県-1 (099.01%)
-6 (094.34%)
-43 (069.93%)
-79 (055.87%)
100101106143179
宮城県-3 (098.62%)
-4 (098.17%)
-22 (090.72%)
-100 (068.25%)
215218219237315
秋田県0 (100.00%)
-2 (093.75%)
-28 (051.72%)
-70 (030.00%)
30303258100
山形県-1 (099.05%)
-4 (096.30%)
-78 (057.14%)
-133 (043.88%)
104105108182237
福島県-1 (099.39%)
-17 (090.61%)
-95 (063.32%)
-236 (041.00%)
164165181259400
茨城県-14 (096.26%)
-43 (089.33%)
-174 (067.42%)
-222 (061.86%)
360374403534582
栃木県-23 (091.61%)
-38 (086.85%)
-90 (073.61%)
-99 (071.71%)
251274289341350
群馬県-12 (095.37%)
-45 (084.59%)
-155 (061.44%)
-357 (040.89%)
247259292402604
埼玉県-89 (093.71%)
-108 (092.47%)
-352 (079.04%)
-867 (060.48%)
1,3271,4161,4351,6792194
千葉県-14 (098.58%)
43 (104.62%)
-61 (094.10%)
-262 (078.79%)
9739879301,0341235
東京都-154 (096.53%)
-247 (094.55%)
-925 (082.25%)
-1,571 (073.18%)
4,2864,4404,5335,2115857
神奈川県-26 (099.01%)
-58 (097.83%)
-246 (091.38%)
-535 (082.98%)
2,6092,6352,6672,8553144
新潟県-13 (094.44%)
-2 (099.10%)
-122 (064.43%)
-202 (052.25%)
221234223343423
富山県-9 (095.16%)
-17 (091.24%)
-102 (063.44%)
-117 (060.20%)
177186194279294
石川県-15 (094.44%)
-67 (079.19%)
-205 (055.43%)
-261 (049.42%)
255270322460516
福井県-3 (089.29%)
-2 (092.59%)
-10 (071.43%)
-25 (050.00%)
2528273550
山梨県28 (117.95%)
75 (168.81%)
50 (137.31%)
43 (130.50%)
184156109134141
長野県-5 (097.52%)
-4 (098.01%)
-104 (065.45%)
-194 (050.38%)
197202201301391
岐阜県-21 (096.65%)
-45 (093.08%)
-135 (081.76%)
-398 (060.32%)
6056266507401003
静岡県42 (107.79%)
44 (108.19%)
-165 (077.88%)
-158 (078.62%)
581539537746739
愛知県-208 (094.81%)
-347 (091.63%)
-1,408 (072.96%)
-2,591 (059.46%)
3,8004,0084,1475,2086391
三重県-1 (099.68%)
7 (102.29%)
-49 (086.46%)
-181 (063.36%)
313314306362494
滋賀県-28 (093.52%)
-36 (091.82%)
-52 (088.60%)
-79 (083.64%)
404432440456483
京都府5 (100.74%)
3 (100.44%)
-275 (071.17%)
-695 (049.42%)
6796746769541374
大阪府-28 (099.66%)
-176 (097.88%)
-1,730 (082.43%)
-4,601 (063.81%)
8,1148,1428,2909,84412715
兵庫県-75 (094.10%)
-159 (088.27%)
-930 (056.26%)
-2,327 (033.95%)
1,1961,2711,3552,1263523
奈良県-6 (097.48%)
-17 (093.17%)
-97 (070.52%)
-394 (037.06%)
232238249329626
和歌山県1 (101.96%)
1 (101.96%)
-43 (054.74%)
-103 (033.55%)
52515195155
鳥取県0 (100.00%)
-3 (088.00%)
-13 (062.86%)
-24 (047.83%)
2222253546
島根県-3 (093.62%)
-9 (083.02%)
-44 (050.00%)
-56 (044.00%)
44475388100
岡山県-18 (096.22%)
-59 (088.59%)
-453 (050.27%)
-875 (034.36%)
4584765179111333
広島県-112 (089.08%)
-156 (085.42%)
-907 (050.19%)
-1,465 (038.42%)
9141,0261,0701,8212379
山口県-7 (097.35%)
-55 (082.37%)
-176 (059.35%)
-319 (044.62%)
257264312433576
徳島県-1 (095.45%)
-7 (075.00%)
-38 (035.59%)
-94 (018.26%)
21222859115
香川県-6 (093.41%)
-14 (085.86%)
-49 (063.43%)
-177 (032.44%)
859199134262
愛媛県-3 (093.48%)
-7 (086.00%)
-42 (050.59%)
-63 (040.57%)
43465085106
高知県3 (101.54%)
-9 (095.65%)
-20 (090.83%)
71 (155.91%)
198195207218127
福岡県-70 (097.67%)
-249 (092.17%)
-1,301 (069.27%)
-2,682 (052.23%)
2,9323,0023,1814,2335614
佐賀県-19 (081.90%)
-28 (075.44%)
-87 (049.71%)
-199 (030.18%)
86105114173285
長崎県13 (108.39%)
34 (125.37%)
16 (110.53%)
-100 (062.69%)
168155134152268
熊本県-44 (089.00%)
-98 (078.41%)
-320 (052.66%)
-560 (038.86%)
356400454676916
大分県-10 (095.28%)
-34 (085.59%)
-148 (057.71%)
-369 (035.38%)
202212236350571
宮崎県-7 (088.89%)
-17 (076.71%)
-76 (042.42%)
-213 (020.82%)
566373132269
鹿児島県-8 (097.30%)
5 (101.77%)
-34 (089.44%)
-131 (068.74%)
288296283322419
沖縄県-26 (099.06%)
-14 (099.49%)
109 (104.16%)
771 (139.36%)
2,7302,7562,7442,6211959


先に書いたように減少の傾向は一定の水準を維持している。本当に過去にないほど平坦な減少が続いていることが見て取れる。
これが、結果的にダラダラと長い緊急事態宣言を生み出しているということになるが、既にこれをどうこういう人は減っている。
諦めている人も多く、当事者でなければ逆にもう忘れてしまっている人おも多いだろう。

20210606A.png

病床占有率は、まだ高い水準にあるが、最悪期には100%超えが多数で見受けられるため、それに比べて見ると下がったといえる。
但し、西日本は以前高い水準を維持している。人口平衡化では北海道と沖縄の割合が今も高い。沖縄は今やっと下がろうとしているところにあるが、全国比で占める割合は他の自治体も減ってきているので、暫く高い状態が続くだろう。

20210606B.png

重症者と死亡者は順調に減少が続く、ただ1-3月期の減少と比べると重症者数の減りようはまだ悪いようだ。
これは、現陽性の割合も多いからだと思われる。

20210606C.png

そろそろ新規陽性の確認数が3桁になるかもしれない。
だいぶ新規陽性は減ってきているからだ。後は、ここに来て人出が増えて居るため、早ければ今週末、遅くても来週から再来週に増えてくるかどうかだろう。
新規陽性が増えても重症者が増えなくなってくれば良いが、暫くは難しいかもしれない。

20210606D.png20210606F.png

拡縮は週末中ずっとほぼ横這いである。週平均は若干マイナス幅が縮小した程度だ。この状況だとよほど極端な何かが起きない限り、暫くは反転しないと思われる。

20210606E.png


変異株の状況である。
B.1.617は週末に147まで増えている。
20210606G.png


ワクチン接種の状況も入れたかったのだが、執筆時点で6月3日以降の最新の情報が更新されておらず、明日以降の記事で準備が出来ればと思う。
接種が進めば、少なくとも高齢者の重症化と死亡は減っていくと思うが、初回接種による免疫獲得(接種後14日経過以降)が行われているのは、今日時点で推計で7,765,824人(接種後2週なので週末集計が出なくてもカウント出来る)であり、効果が見えるまでには達していないと思われる。

これが見えてくるのは、初回免疫が2000万人ぐらいまで達した時だろうと思われる。
尚、2回目の接種による発症そのものを5-6%未満まで抑える完全な免疫が付くと推計されている人は、今日時点で推計2,973,594人である。



(上記は集計元データです。ワクチン接種状況のデータは含まれていません。また、データは一定期間が過ぎると削除しリンク切れになります。)




この記事へのトラックバック