懐かしの「IntelliMouse Explorer」が復活……デザインは昔の方が良かった。

PC Watchの記事とITmediaの記事だ。ちょっとタイトルだけ見て欲しいと思ったのだが、実際に画を見て、どうしようか……これと、思った。まだ、反対の側面が見えていないので、決まっていないが、これじゃない感がある。何か退化していないこれ。

実は、私が持っている無線マウスのうち3つはMicrosoft製である。1つはまだ殆ど使っていないBT専用マウス(バッテリの持ちが悪くてお蔵入り)。もう一つはBlue Track Explorer Miniだが最近本格的に使い始めたのには理由があるが、後述する。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1086736.html


しかし、Explorerシリーズはなくなり、変な形のマウスばかりになった。正直、今手元で使っているExplorer Miniなどが壊れると、次はロジクール製か、ELECOM製だろうなと思っていた。
まあ、正しくはロジクールの安物マウスを数ヶ月前まで1年ほど使っていたが、カチカチ音がうるさいのと、カウンタ性能が悪く動きが飛び飛びになる上に、どうも落としたりしたせいか、マウスが飛ぶようになりしまっていたExplorer Miniを使うことにしたわけだ。
それ以前はMicrosoft Wireless Laser Mouse 5000を使っていた。無線の反応は少し悪かったが、長いこと使っていた。これは電池が単三2本で1年~2年持つ優れものだった。その前はワイヤードの光学式Intelliだった。これは、探せばまだ眠っている。ボールマウスも数個持っているし、キーボードも今はいろいろ理由があって多機能ボタン付きのワイヤードに戻したが、ワイヤレスが2つも予備にある。

ちなみに、Explorer Mini(Blue Track)は(←クリックするとAmazonの商品説明-販売はしていません。)グレーの光沢で下側面に鏡のように鏡のように反射する塗料を使ったプラ加工がされており、マイクロソフトのクローバーマークが電源を入れ時に青く光る仕様もある。ただ、残念なのは電池食いであることだろう。単三1本だが、恐ろしい早さで消費する。だから、あまり使わなかった。

まあ、eneloopを使っているので、充電すれば良いのだが……。

だから、新しいexplorerシリーズが出るなら欲しいなと思ったが、デザインを見ると、う~んちょっとなーと思う。性能は良いと思うが、最盛期の頃に比べて、初期のIntelliより安っぽいイメージより過去に戻っている印象がある。

私が、Explorer Miniを買ったのは、VAIOと合わせるとちょうど良いかなと思って光沢とマットブラックが良くて、買ったが、このネズミ本当にねずみ色と黒なんですけど。
下半分が、ウサギ型に皮をカットしたリンゴみたいだし。

もう一つの方は色が、昔のマウスっぽい。ITmediaの記事を読むと、Surface Bookと合わせた色なのだと分かるが、こうやって色を考えると、Surfaceもそんなに内板の色合いは格好良くないよなと思う。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/18/news052.html


これ、昔存在したIntelliMouseシリーズとは少し色味が違う感じがする。昔の製品はIntelliシリーズには下端にLEDが組み込まれ、青や赤で最初は光る製品が多かった。それがないものもあったが、以下のような製品に近かった印象がある。

Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK
ロジクール
2014-01-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Logicool ロジクール ワイヤレスマウス ブラック M545BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



手に馴染むマウスを見つけるのは、難しいが、一度馴染むマウスを買ってしまうと、次に選ぶのも難しくなる。
マイクロソフト社のマウスはそういう意味では、罪深いことをしてくれた。今、MSとして売っているものの多くは、当時の高品質な設計思想を採り入れず、いわゆる安価なものが多い。クリック音が大きいものだったり、そういうのだ。

だから、次はマ社じゃないだろうなと私は思ってきた。それは、これが復活しても、今のデザインだと同じかもしれない。正直、Surfaceとか名前付けて統一感などなくて良いから、マイクロソフトのIntelliMouse Explorerらしいマウスを復活させて欲しい。


何でこれじゃない感があるのか?それは、反対面が同じ形なら、私的には一番良かった頃のマウスから退化しているためアウトだからである。Surface Precision Mouseでギミック付きの色もマットブラックか、光沢で高級感があれば、良いのだが……ちょっと高過ぎだ。

そして、もう一つ言えるのは、正直、Surface Precision Mouseのバッテリ内蔵で、単三形や単四型の電池を使えないのはアウトだ。このバッテリも、このマウスの値段を上げていることはほぼ間違いないだろう。
Surface Mouseは単四対応なのに……勿体ない。何でもかんでも、専用バッテリ内蔵にしないで欲しい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック