Windows10はビルド10586へ。製品版間近?

※これは、製品版情報ではありません。Insider Previewの情報です。

Windows10のinsider Previewでは、初期プレビューから見ても初かもしれない。今回は、バグフィックスのみのビルドアップとなっている。そして、既知の(大きな)不具合がSkypeとinsiderHubの2つに絞られている。この辺りから考えると、このビルドからのフィードバックが好評(大きな不具合情報がない)ならば、10590~10600辺りのビルドで登場するかもしれない。

画像


ちなみに、Skypeの不具合は、連絡先やメッセージが消える不具合である。
この不具合が出るときには、以下のフォルダ内のデータを消すか、リネームすれば良いようだ。
C:\Users\%USERNAME%\AppData\Local\Packages\Microsoft.Messaging_8wekyb3d8bbwe\LocalCache


<これまでのTH2バージョンで追加された機能/ビルド番号をクリックするとページにジャンプします>

-Build 10525- Fast Ring Only
・スタートメニューやアクションセンターの色を好みの色に変更できる機能。
・メモリマネージャーの改善によるメモリ圧縮(予約・占有済み未使用ページの圧縮機能)

-Build 10532-Fast Ring

・コンテキストメニュー(右クリックメニュー等)の機能改善。
・WindowsフィードバックをTwitterやFacebookと共有する機能
・パーソナルアシスタントコルタナの日本語版が追加される。(設定方法など記載)

-Build 10547
・Show More Tiles(タイルランチャーのまとまりを横3列から4列にする機能)
・タブレットモードでの操作性改善(複数ソフト起動時の操作改善)
・サインイン画面のバックグラウンド画像をなしにする(設定方法記載)
・Microsoft EdgeでRTCオブジェクトのプレビュー機能(説明のみ)
・テキスト入力パネルが改善された(説明のみ)
・添付アプリのバージョンアップ(説明のみ)


-Build 10565

・Skypeのビデオ・メッセージ機能がWindows10に統合された。
・Microsoft Edgeにタブプレビュー(Tab Preview)機能が搭載された。
・Microsoft Edgeにお気に入り(Favorites/ブックマーク)同期機能の搭載。
・Cortanaに手書き入力された時間や場所を識別し通知する機能が追加(日本語非対応)。
・Cortanaにチケット予約などの機能追加(日本語非対応)。
・タイトルバーの着色がタスクバーの色に対して、薄いかったが同じ色に変更された。
・タイルのサイズ変更(ワイドなど)をするコンテキストメニューの改善。
・デバイスマネージャーなどのアイコンを美しく刷新
・レジストリエディタのアイコンを美しく変更。
・Windows7/8のライセンスキーから直接認証できるように変更(クリーンインストール対応)
・デフォルトプリンタの管理に「前回利用のプリンタを使用する」機能が追加された。

-Build 10576

・Microsoft EdgeにMiracastまたはDLNAによるYoutube、Facebook、Pandoraなどの動画・音声配信対応。
・Xbox AppのSNS連携機能と操作性改善。
・バグの修正

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック