「Windows 10」はISOのプレビューからも無料アップグレード?って大丈夫?

-この情報は既に解消済みの問題です-
https://poweruse.seesaa.net/article/201506article_40.html

「無理すればXPからでも?」

という記事がIT Mediaにあるのだが、これは正しい情報なのだろうか?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1506/21/news018.html

この記事(Windows Blog)を私が最初に読んだのは、土曜日(昨日)だが内容を読んで思ったのは、IPユーザーに対する厳格なMSAへの対応の記述と、Edgeへの対応。既に、Windows7や8.1などからアップグレードしている10IPユーザーが直接10にアップグレード出来ると見たのだが・・・。

まさかXPからでもいけそうと書かれている。これは、米マイクロソフトや日本マイクロソフト社に確認した上でということで良いのかが、気になる。

全体を読むと分かるが、IPが今後も継続されるっぽいな。だから、7月29日版で更新する際に、IP版はIP版で更新され、Windows8.1や7からアップグレードされたものは、その時点でRTMになるのかなとは思うが、以下の記述がある中で、IP利用者は無条件に正規版更新可能とは言えない。可能性は低いというかないのではないだろうか?理由は以下の一文からである。

Getting the final release on July 29thより抜粋

It’s important to note that only people running Genuine Windows 7 or Windows 8.1 can upgrade to Windows 10 as part of the free upgrade offer.

正規のWindows 7またはWindows 8.1を実行している人々(だけ)に対して、Windows 10に無償アップグレードの一部として提供されることに注意(を重要視)してください。*

という点である。これを抜いて読めばそのように読み取れるが、こう書かれていると言うことは何か、IPとRTMに対する違い(確認)があると考えた方が自然である。

http://blogs.windows.com/bloggingwindows/2015/06/19/upcoming-changes-to-windows-10-insider-preview-builds/

尚当ブログでは、一度公開を止めて、もう一度全体を読み直した上で次の記事で内容の詳細を記載している。
https://poweruse.seesaa.net/article/201506article_36.html

内容を見る限り、正規への更新の場合は、アップグレード後にWin7や8.xのプロダクトキーを求められる仕組みでも出来るのかなと思ったが・・・。まあ、事実ならこちらが間違っていた(閲覧者少ないし、個人だし)でよいが、あちらは大手の情報サイト(商用)である。そのため、私個人のブログとは違い、正確性が大事である。拡散していることもあり、確認が取れていることを祈るばかりである。

尚、Enterpriseについての記載はしていないが、Enterprise製品はVolume Licensing Service Centerでのアクティベーションとダウンロードが必要なようだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック